自分がいなくても上手くいく仕組みを創るための解説レポートを社長限定でプレゼント

現在、仕組み経営Eブック「社長不在で成長する会社の創り方」特別提供中しています。このEブックは、世界700万部のストセラー「はじめの一歩を踏み出そう」の内容をまとめたものです。同書は世界で初めて「会社の仕組み化」を提唱し、世界中で大成功する起業家・経営者を生み出しました。スマホでもキレイに見られます。ぜひ今すぐダウンロードしてください。

手に職をつけるほど失敗する?

社長のこんな悩み、

「仕組み経営」で解決出来ます。

1.自分が現場で働き続けないと会社が運営できない。

2.退職者が増えて、対処に終われている。

3.使えない社員ばっかりで仕事を任せられない、と嘆いている。

4.個人事業(家業)から事業へ成長させたい。

5.熟練社員にしか出来ないブラックボックス業務がある。

5.社長が代わっても大丈夫なようにして事業承継を成功させたい。

6.自分の会社を高値で売却したい。

7.忙しいけど、ビジネスが拡大しない。

8.仕事のパフォーマンスが社員ごとにバラバラ。

9.これ以上、成長の道筋が見えない。

これらの悩みは、もっと働いたり、もっと学ぶことでは解決しません。


会社を「人依存」から「仕組み依存」にしていくことで解決します。

「仕組み経営」で成長と自由を両立させる経営者が増え続けています。

仕組み経営で実現出来ること

1. 経営者の自由時間増加

大半の中小企業の社長は、自分自身がプレイヤー(職人)として働いており、経営者としての仕事を十分にできていません。その原因は会社が仕組み化されておらず、社長にしかできない仕事がたくさんあるからです。仕組み経営では、経営者の仕事を分解し、仕組み化することで経営者が経営に取り組める時間を増やすことが出来ます。

2. 事業のスケールアップ

経営を仕組み化することで、事業の飛躍的なスケールアップが可能になります。たとえば、店舗ビジネスでいえば、チェーン店化が可能になります。会社の成長と経営者の自由時間を両立出来るのが仕組み経営です。

3. 経営人材の育成

自分の右腕、No.2を育てたいという経営者はたくさんいます。そういった経営幹部候補者にも仕組み経営を学んでいただくことで、経営とはいったい何をすることなのか?を理解していただけます。

4. 高値での事業売却(M&A)

高齢や次の人生ために事業売却を望む経営者はどんどん増えています。しかし、実態は事業売却しても二束三文にしかならないケースがほとんどです。それは事業の運営が仕組み化されておらず、経営者に依存してしまっているからです。仕組み経営のノウハウを活用することで事業を仕組み化すれば、何倍もの金額で事業売却が可能になります。

5. スムースな家族承継・社員承継

いま、日本の中小企業の社会問題となっているのが事業承継です。会社を社員や家族に承継する場合においても、経営を仕組み化しておかなければ、後継者は大変な苦労をすることになります。また、経営者自身もいつまでたっても引継ぎが出来ないという状況になります。

「7つの習慣」や「ビジョナリーカンパニー」などの名著を抑え、経営者向けビジネス書のNo.1

「はじめの一歩を踏み出そう(原題:E-Myth Revisited)」とは?

マイケルE.ガーバー著の「はじめの一歩を踏み出そう(原題:E-Myth Revisited)」は、「起業家の視点(職人、マネージャー、起業家という3つの人格)」、「ビジネスの仕組み化」、「フランチャイズプロトタイプ」、「ビジネス開発プロセス」などの新しい概念を提唱し、現在につながる、スモールビジネス経営の新しいスタンダードを創りました。


同書は、16カ国語に翻訳され、700万部以上のベストセラーとなっています。また、Inc 500社(急成長企業500社を選出したランキング)のCEOが推薦する書籍として、「7つの習慣」や「ビジョナリーカンパニー」などの名著を抑え、ナンバーワンを獲得しています。


出版後、10年以上経った現在においても、「最も影響力のあるビジネス書25選(米タイム誌)」、「もっとも役に立ったビジネス書ベスト5(米ウォールストリートジャーナル)」に選ばれるなど、スモールビジネス経営のバイブルとしてロングセラーとなっています。

「はじめの一歩を踏み出そう」の著者マイケルE.ガーバー氏はセールスの仕事をしていくうち、企業向けのコンサルティングを依頼されるようになりました。そして本格的に起業家や経営者に対するコンサルティングを提供するため、1977年にマイケル・トーマス・コーポレーションを設立。世界初のビジネスコーチング会社になりました。


クライアントに教えている「起業家の視点」を自ら実践し、創業後、わずか2年でコーチングの現場から離れ、起業家としてのビジネス構築、コーチの育成、世界展開の活動へと軸足を移しました。その後、同社は過去約40年間にわたって、7万社のスモールビジネスに対するコーチングを行い、後に「E-Myth革命」とも言われるほど、世界中のスモールビジネスに変革をもたらしてきました。

「社長不在で成長する会社の創り方」の内容

このEブックでは、「はじめの一歩を踏み出そう」の内容を分かりやすくかみ砕き、中小企業経営者が共通して抱える問題の解決策を提示しています。内容の一部は以下の通りです。

  • 「企業は人なり」は幻想?
  • なぜ大半の会社では「人の問題」がなくならないのか?
  • 人依存と仕組み依存の考え方の違い
  • 手に職をつけるほど失敗する理由
  • 「人が最大の資産」になるのは、●●●●の仕組みがある時のみ
  • 職人型ビジネスと起業家型ビジネスの違いとは?
  • 仕組み経営とはいったい何か?
  • 仕組み化で実現する自社の3つの未来
  • 話題の本「ホラクラシー」と仕組み経営の共通点とは?
  • 職人型ビジネスの3つの典型例とは?
  • 「ナンバー2を育てたい」この考えが最も危険である理由とは?
  • 中小企業の最大のボトルネックはズバリ●●
  • 社長は商品を売ってはいけない。●●を売れ。
  • 自己成長組織を創るための5ステージ

仕組み経営のメソッドが社長から支持される理由

  • 一人の経験ではなく、既に数万社の会社で実証されている本質的な成功法則だから。
  • 起業や経営が失敗する根本的な理由が明らかにされているから。
  • 優れたサービスや技術があれば成功できる、という多くの人の勘違いを正したから。
  • 会社が成長していくステップアップの方法を明確に示したから。
  • 経営の仕組み化について世界で初めて体系的にまとめたから。

レポート監修者

Your headline

Your headline

清水直樹

一般財団法人日本アントレプレナー学会 代表理事


大学卒業後、マイクロソフト日本法人に入社。その後独立し、海外不動産の紹介会社を起業した後、携帯電話普及の波に乗る形で、モバイルコマース事業の創業メンバーとして参加。上場を目指すが経営メンバー同士の空中分解によって頓挫。その後、海外の経営ノウハウをリサーチし続け、2011年に世界No.1のスモールビジネスの権威、マイケルE.ガーバーと出会う。同氏の日本におけるマスター・ライセンシーとなり、2013年には日本初のE-Myth社認定コーチ(E-Myth社はマイケルE.ガーバーが創った世界初の中小企業向けビジネスコーチング会社)になる。現在は、日本の中小企業がワールドクラスカンパニーになるための支援活動に力を注いでいる。

ダウンロードはこちらから

ご登録いただくと、Eブックへのアクセス情報をメールでお届けします。スマホでもキレイに見られます。しばらく経っても届かない場合、ご登録いただいたメールアドレスが間違っていたか、迷惑メールフォルダに入っている可能性がございますのでご確認ください。